読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月面リストカット

かかかかかかかかかかかかかか

中卒のメリット・デメリットの話。

@potato4dくんに言われるまで完全に忘れてロックマンエグゼ3やってました。

前置きはここらへんにして僕は高専を途中でリタイアしているので、そこで感じたメリット・デメリットを手短に説明していきたいと思います。

メリット

・自虐ネタになる
飲み会代の割り勘の時などに「算数わかんね~!w」って言うと人より安くなる(ならない)

デメリット

・人生におけるすべて
ということです、学校は卒業しよう。みんなで過ごす時間はもうないんだよ?

手短にでしたが以上になります。中卒だから400文字までしか書けねえ!w

手軽にドイツのトリできるやつつくった

この記事はドイツのトリアドベントカレンダーの記事です。
www.adventar.org


みなさんがんばってください。


https://dl.dropboxusercontent.com/u/109251927/doitu-win32-x64.zip


中にあるdoitu.exeポチポチして適当にやってください。
もちろんwindowsしか動かないので頑張ってください。

最後になりますが、心よりクリスマスプレゼントお待ちしております。

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1DZVWSNAQ24I5/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_2NstybX2JBGDX


明日はFagnuxさんです、おたのしみに

【備忘録】たまご

1kaguyaファンボーイのみなさんならご存知かと思いますが、僕たまご系で苦手なやつあるんですよね。
快適な1kaguyaライフを送りたいあなたに食えるもの、食えないものを自分のためにも列挙してまぁ備忘録みたいにしたかった。

食える

|煮玉子
ゆでたまご
|たまごサラダ
|お好み焼き
|たこ焼き
|茶碗蒸し

食えない

|卵焼き
|チヂミ
スクランブルエッグ
天津飯
|オムライス
|親子丼
|生卵
|カツ丼

Aurelion Solについての話。

1kaguyaです。
普段はプロシーンのB/Pとかを予測して文句言いまくる遊びしてます。
LCK LCS LPLは全部見てますほかはまちまちです。

今日はRedBullに掲載されていたRoyal Never Give UpのXiaohu選手へのインタビュー(http://www.redbull.com/us/en/esports/stories/1331823222597/xiaohu-league-of-legends-worlds-interview)
で、オレリオン・ソルについての話題が挙がったので、今まで温めてきた文章を適当に弄って出すべきかなと思い、筆を執りました。

今回は

1.なぜオレリオン・ソルが出てきたのか
2.ビルドについて
3.Counter Pickについて

の3つのパートに分けて解説したいと思います。
立ち回りや強みなどの解説はここではしないので、プロの方々のガイドを見ると良いと思います。

1.プロシーンのオレリオン・ソルについて

オレリオン・ソルが実装されたのはPatch6.6、一番最初に使用されたのはPatch6.8のMid-Season Invitational 2016(MSI)でCounter Logic GamingのHuhi選手がpickしています。
その後のレギュラーシーズン(Summer Split)では、KT RolsterのFly選手・CLGのHuhi選手がたまにPickする程度であり、流行っているとは言い切れませんでした。
しかしオレリオン・ソルはレギュラーシーズンが終わるにつれて、韓国を始めとしたSoloQで暴れるようになりました(要出典)。
Dopaという韓国のSoloQで今1位のプレイヤーのRedditの記事(www.reddit.com/r/leagueoflegends/comments/545try/apdos_thoughts_stream_after_hitting_rank_1_korea/)
なのですが、韓国の上位帯で暴れていたことがわかると思います。
話を戻します。WCSの出場チームを各地で決めるための重要なSummer Playoffs(Patch6.15)でKTのFly選手が4回もpickしているんですよね。
勝率はとても良いとは言えませんでしたが、動きが使い慣れてる印象を受けました。

ではここでWCSにフォーカスを当てて話を進めます。
WCSではMidレーンでPickされているのはSyndra,Viktor,Ryze,Cassiopeiaですが、それよりちょっと少ない頻度でPickされているのがAurelion Solです。
なぜちょっと少ない頻度なのか考察するとSyndraが超OP、先程に挙げたChampionより頭が一つ抜けていてるのはさておき、
実はMidで2番目にBAN率が高いんです。
なのでとにかく強い・特定の選手に使わせたくないといった理由があるんだと思います。

雑なまとめ方になってしまいますが、ざっくりいうとNerfされるまで・対策されるまではpickされ続けられると思います。

2.ビルドについて

オレリオン・ソルを取り巻く環境は変化しています。(といってもゲーム全般に言えますが)

実装当初のビルドはf:id:kaguya_moon:20161012201315j:plainRod of Agesにラッシュしてf:id:kaguya_moon:20161012201322j:plainBoots of Swiftnessやf:id:kaguya_moon:20161012201243j:plainRylai's Crystal Scepterをコアビルドとしたビルドが流行っていました。
しかし最近注目されているのはf:id:kaguya_moon:20161012201535j:plainRod of Agesの代わりにf:id:kaguya_moon:20161012201529j:plainHextech GLP-800を積み、コアビルドに新しくf:id:kaguya_moon:20161012210928j:plainBanshee's Veilが加わりました。

これによって一定の硬さを確保してキャッチにも強く、QのStun、クリセプの乗ったWのSlow、Rの強力なノックバックにより、ゾーニング性能と強力なCCとDPSを出せるChampionになります。
特にGLP-800は基礎性能が優秀なのと、40秒に一回打てるスキルが増えるので絶対に積むべきアイテムと言えると思います。

筆者はtopでTankオレリオン・ソルf:id:kaguya_moon:20161012211846p:plain
を一時期試した時期があったのですが、あまり上手くいかず、前述の今のメタのビルドはうまく弱点を克服しつつDPSも確保できているので素晴らしいなぁと思いました。

3.Counter Pickについて

はじめに言っておきます、メタなChampionの中では明確なカウンター(ZedとKassadinみたいな)はまずいません。

とはいってもオールインには弱いのでFizzやAhri、TalonやDianaなどのBlink性能が高めであったりするChampionに対してはスキルの発動から着弾まで遅いので辛いレーニングになると思います。
またこういうChampionはRoamも早いので、繰り返しRoamされるとEのクールダウンが長めなのでついていけないなどの弱みはあると思います。
ここらへんはちょっと見落としがちでなんとも言えないのですごく意見欲しいです。

おわりに

今回始めてLoLの考察っぽい記事を書いたのですがなかなか考えがまとまらなくてしんどいですね。
オレリオン・ソルに限らずもっと柔軟に形をちょっとずつ変えてプロシーンで活躍するChampionをいい感じに開発していきたいなぁと思いました。

体調を崩してた(過去形)

体調を崩してゲロの海で寝込んでいた。
季節の変わり目と低気圧にやられたんだなと思った。
体調が悪いときは無理をせず爆睡してればだいたい治るという知見を得た。

というわけで回復祝いお待ちしてます。
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1DZVWSNAQ24I5/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_91q6xb0VTXHE9


P.S.Twitterのアカウントの復活祝いもお待ちしてます。
f:id:kaguya_moon:20160926205809p:plain

Twitterのアカウントが凍結されました。

Twitterのアカウントが凍結されたので、Twitter社とのバトルを積極的に残して行きたいと思います。

まだ机の上でマウス使ってるの?バカなの?

paiza.hatenablog.com

はてなのトップにこんなものが出てきて、

なんで良いマウス使ってるのにマウスパッド使わねえんだよ💢

という感じで死ぬほどイラッとしたので、マウスパッドの素晴らしさと、今まで何枚か使ってきたマウスパッドを紹介します。

マウスパッドを使うメリット

・机が傷つかない。
→机の上で直接使用しているとすり減ったり傷ついたりする。

・マウスのソールの消耗を抑えることができる。
→ハイエンドなマウスはマウスのソールが交換できるできるものもある。
 なので机の上で直接使うよりはるかに消耗を抑えられて寿命が伸びる。

・マウスの滑り具合を調整できる。
→マウスパッドは素材や厚みで滑りやすかったり、止めやすかったりする。

・手首の疲れを抑えるものもある。
リストレストとか付いてるのもある

マウスパッドを使うデメリット

・メンテナンスが必要。
→布製は洗うことで長期間使える。

・邪魔だったりする。
→ずれたり、出先とかだと持っていくのもめんどくさい。

おすすめのマウスパッドの紹介

ここからはおすすめのマウスパッドの紹介をします。使ったことのあるものしか紹介しません。
※使用マウス→Logicool G900,SteelSeries SenseiRAW


品名:HyperX Fury Pro Gaming Mouse Pad XL
滑りやすさ:☆☆☆☆
止めやすさ:☆☆☆
厚み:4mm
大きさ:90x42cm
総評:KingstonのHyperXというブランドのマウスパッドです。
キーボードも上に載せられる大きさで、マウス感度の低い人、机の広い人におすすめです。
今現行で使っていて、少し滑りやすいですが疲れにくくて気に入っています。



品名:ZOWIE GEAR ゲーミング マウスパッド G-TF Rough Version
滑りやすさ:☆☆☆☆
止めやすさ:☆☆
厚み:2mm
大きさ:44x32cm
総評:ZOWIE GEARのマウスパッド。もう生産終了してるっぽいです。
結構気に入ってて、FPSにハマってた頃大活躍した。
表面がかなり粗くて、こすると痛いけど、その分摩擦面が少なくて滑りも良くて好きだった。



【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005

【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005

品名:SteelSeries QcK mini
滑りやすさ:☆☆☆
止めやすさ:☆☆☆☆
厚み:2mm
大きさ:25x21cm
総評:SteelSeriesの超王道マウスパッド。
実はこのマウスパッドの大きめのサイズのやつを推していきたい。
癖がなくて、大きすぎず安価なので、一枚持っておきたい。
私はノートPCのバッグに入れておいて、出先とかで使ってます。
素直におすすめしたいマウスパッド。迷ったらこれ。



品名:G440r
滑りやすさ:☆☆☆☆☆
止めやすさ:☆
厚み:1mm
大きさ:34x28cm
総評:Logicoolのマウスパッド。プラスチック製。
プラスチックなのでめっちゃ滑る。止めるのが少しむずかしい。
マウスのソールがゴリゴリすり減る上に扱いがすごく難しいので、玄人向けかも?



ARTISAN 飛燕 SOFT L ジャパンブラック HI-SF-JB-L

ARTISAN 飛燕 SOFT L ジャパンブラック HI-SF-JB-L

品名:ARTISAN 飛燕 SOFT L
滑りやすさ:☆☆☆☆
止めやすさ:☆☆☆☆☆
厚み:4mm
大きさ:42x33cm
総評:ARTISANというメーカーのマウスパッド。結構いろいろシリーズがある。
このマウスパッド、表面が少し独特でとても使いやすい。
止めやすさが本当に気持ちよくてスパっと止まる。



本当にあるのとないのとでは雲泥の差です。
というわけで、マウスパッドを買おうという話でした。




あとがき

ゲーミングデバイスメーカー各社様へ
レビュー用に商品ください!お願いします!何でもしますから!
@かMail:kaguya8492@gmail.comまで連絡ください。