月面リストカット

かかかかかかかかかかかかかか

GitHubでPullRequestを作るときに便利な小技

事の発端

GitHub使って開発するときに、先にPullRequest立ててどうやって実装するかとかメモを残したいときに、これちょっとissueに書くのは微妙だなぁと思うシチュエーションがあったり、WIPなPRを作りたいときに、今からやり始めるよ~っていうのをチームに共有したかった。

そもそも

PullRequestは、ブランチを切った後にコミットがないとpushできないので、コード自体に変更が無いときはPRを作れない。

どうすればいいのか

ブランチを切った直後に、空のコミットをする

git commit --allow-empty

Git - git-commit Documentation

git push

すると、ファイルの変更がないままcommit/pushができるので、GitHubからPullRequestが作れるようになります。便利ですね。

この記事書いてる途中にgitのドキュメント探しに行ったら同じようなこと書いてる人いっぱいいて萎えた